fc2ブログ

2014-04-30

受験をためらう理由②~選択科目~

受験をためらっていた2つ目の理由です。



選択科目
の問題です。




免除で受験する方のほうが多いなか、

院卒ではない私は、

選択科目を受けなければならないというだけで、

こう、
モヤンモヤン とするものがありました 



僻み ともいうかもしれない。



最初の頃は、

弁理士試験で選択科目を受験するのではなく、

免除資格が得られる他の資格を取ろうとも考えていました。



例えばですよ、例えば、行政書士とか、セキュアドとか。

でも・・・私が取りたいのは弁理士の資格だし。。

その免除のために他の法律系資格の勉強をするなら、

その時間を本来の勉強にあてるべきなんじゃないか?

と考えてしまうのです。



じゃあ、セキュアドとかどう?

技術系だし、役に立ちそうじゃない??

と思ったのはいいけど、

知能的に無理でした。



あー、駄目か、やっぱりちゃんと選択科目を受けなくちゃ。


でも、どの科目にしようか。 

senntaku nayamu 



理系出身とはいえ、


卒業した学科は実はとても苦手だったらしいことを、

大学在学中に痛感していました。

むしろ、一般教養の民法とかのほうが好きでした。




なので、法律系で受験したい。


でも、理系出身なのに法律系科目で受験するの?

と思われそうで(誰というわけではなく)、

法律系科目で受験すればいいや、

と思えるまで、結構な年月がかかりました。




さて、法律系で受けるとなると、

おもしろそうな民法かな。


でも、民法は独学だったので、結局2年連続して不合格で、

やむなく著作権法に切り替えました



周り道になってしまったんだけど、

自分なりにではあっても民法をいくらか勉強したのは、

役にたったと思うし、



その後、苦手な著作権法に切り替えて、

死に物狂いで(大袈裟じゃないよ!)

勉強し、合格したときの嬉しさは、

弁理士試験の全受験期間を通じて、

一番大きかったです。



なので、もし、

選択科目の免除がなくて受験をためらっている方がいたら、

チャレンジして欲しいと思います。



モヤモヤした気持ちになるときもあるかもしれませんが、

合格できたときの嬉しさは、

免除の人より(多分)大きいという特典がついてくるよ 



私は、実際、3年目に選択科目だけが残った年、

論文の合格発表を見て、本気で涙出ました。

『報われた』ってこんな感じだと思います。

 


この感動を是非 





にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : 資格試験
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

タコ弁

Author:タコ弁
平成25年弁理士試験合格
平成26年弁理士登録
平成27年特定侵害訴訟代理業務試験合格
平成28年付記登録
平成31年4月2日から弁理士6年生!
平成29年3月20日付けで17年程勤務した特許事務所を退職。
その後、母親の面倒みながらゆっくりペースで開業準備。
平成29年5月25日、埼玉県川口市に事務所開設。
平成30年7月8日、東京都西東京市に【西東京オフィス】開設

勉強開始~弁理士登録まで、
そこから更に付記登録まで、
さらには独立にいたるまでや、
実務に関する覚書など、
タコのイラスト入りで綴ります。
元受験生の一サンプルです。
受験中は代々木塾にお世話になりました。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
にほんブログ村ランキング
忍者
人気ブログランキング