fc2ブログ

2014-04-23

1年目の受講講座①(主に短答用)


平成22年4月~平成23年9月(短答合格・論文不合格まで)の受講講座等①です。

全部代々木塾で、講義は、通学も通信も、大体1回が70分×2(前半・後半)です。

各講座の特徴などは、ボチボチ書いていきます。


・・・書き出してみたんですが、


うは、随分いっぱい受講したな!

って感じです。

なので、2回に分けますね。今回は、主に短答用として受講した講座です。


この中で受講料が高いのは回数が多い基礎講座で、

その他は、回数も少ないし、自分に足りないものを選べばいいので、

コレらを全部受けないといけないという訳ではありません。

もちろん塾から強制されることもありません。


頭のいい人は、もっと少ない受講とか勉強で済むのかもしれませんが、

私はちょっと、相当やらないと危ない感じだったので、

必要だと思ったものは全部受けました。ただ、





前年度割引とか、早期申込みとかを利用して

少しでも安くあがるように


毎日、代々木塾の講座案内チェックしていました・・・涙ぐましいなぁ


でも、まあ最初の年はどうしてもある程度受けざるを得ないと思います。

短答自体、科目が多いし

もし短答受かったら論文だってもしかして・・・!と思うと、

論文対策何もしないのも勿体ないし

そして、短答受かっていたら論文試験は受験できるわけで

そうすると論文の発表までは口述対策もちょっとは・・・とか

考えちゃうし。



今回は、主に短答対策用として受講したものの一覧です。

その中でも、短答・論文の双方の対策のつもりで受講したものは、太字にします。

なので、次の記事②の論文対策用講座と重複して記載している講座があります。


いきますよ、いっぱいありますよ


・論文講義基礎講座(土曜・午前・通学) 平成22年4月~12月(全36回)

・論文演習基礎講座(通信) 平成22年4月~12月(全36回)

・平成22年短答過去問講座(通信) 平成22年8月~9月(全6回)

・平成22年短答答練会(前年度割引料金・通信) 平成22年10月~12月(全12回)

・平成23年マドリッド協定議定書講座(通信) 平成22年11月~12月頃(全4回)

・平成23年PCT講座(通信) 平成22年11月~12月頃(全6回)

・平成23年著作権法講座(通信) 平成23年1月~3月頃(全6回)

・平成23年不正競争防止法講座(通信) 平成23年1月~2月頃(全3回)

・平成23年TRIPS協定講座(通信) 平成23年3月頃(全4回)

・平成23年パリ条約講座(通信) 平成23年3月~4月頃(全4回)

・平成23年短答答練会(通学)(日曜・午前) 平成23年1月~3月(全12回)

・平成23年短答直前公開模試(通学) 平成23年4月中旬~5月上旬(全4回)

・平成23年意匠審査基準講座(通信) 平成23年3月~4月中旬(全6回)

・平成23年商標審査基準講座(通信) 平成23年4月~5月上旬(全6回)

・平成23年短答直前ポイント講座(通信) 平成23年4月末~5月上旬(全6回)

・平成23年裁判例講座(最高裁特実法)(通信) 平成23年4月(全5回)


★議定書、PCT、パリ条約は、論文前や口述前にも聞き直していました★


論文対策用の受講講座は、次の②に続きます





にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : 資格試験
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

タコ弁

Author:タコ弁
平成25年弁理士試験合格
平成26年弁理士登録
平成27年特定侵害訴訟代理業務試験合格
平成28年付記登録
平成31年4月2日から弁理士6年生!
平成29年3月20日付けで17年程勤務した特許事務所を退職。
その後、母親の面倒みながらゆっくりペースで開業準備。
平成29年5月25日、埼玉県川口市に事務所開設。
平成30年7月8日、東京都西東京市に【西東京オフィス】開設

勉強開始~弁理士登録まで、
そこから更に付記登録まで、
さらには独立にいたるまでや、
実務に関する覚書など、
タコのイラスト入りで綴ります。
元受験生の一サンプルです。
受験中は代々木塾にお世話になりました。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
にほんブログ村ランキング
忍者
人気ブログランキング