FC2ブログ

2014-07-29

唯一の誤算


唯一の誤算、
なんていうと、

まるでそれ以外は何も誤算がなかったのかよぉ!

とつっこまれそうですが。


3年目、論文の選択科目が終わり、

口述対策のみに突入した直後に思ったことです。


私は、短答、論文必須のすべてを代々木塾でお世話になっていました。

そして、
3年目も、著作権法の勉強をしつつ、

毎週の口述ゼミにも通っていました。もちろん、代々木塾。

したがって、必須科目については、代々木塾でしか勉強していません。

=(イコール)塾長の講義・ゼミしか参加していない!


だけど、
いざ、論文試験が終了して、

口述の対策を考えてみたとき・・・・


自分は、あまりにも塾長ボイスに慣れすぎていて、

他の人の声が聞き取れないのでは・・・?

と思ったのです。

で、実行してみたのが、ほかの受験機関で出している

口述用の音声データの併用です。


聞いてみたら、本当に愕然 

いやー、ここまで他の人の声が聞き取れないとは思わなかった!!


もしかしたら、その収録されている人の声が、

たまたま自分にとって聞き慣れないイントネーションだからか?

とも思いましたけど、これはマズイと思いました。


その後は、代々木塾で基礎固めをしつつ、

積極的に、あちこちの口述模試とかを受けました。


さすがに、模試だと対面なので、

声自体を聞き取れないことはなかったのですが、

出題傾向が塾長とあまりに違いすぎていて、まずパニック。


そして、問い方が、また様々で、これもすごく困惑。

あとで解答例をみて、この解答を導くために、その質問のしかたなの?

と思うこともたびたびでした。

koujyutu 01


でも、本番は堤先生が試験官なわけではないのだし、

どんな人にあたっても、相手が求める答えにたどり着く訓練をしなくては、

と思いました。


功を奏したのか、本番では、何とか乗り切れました


たとえば、一人の先生にずっとついてきた場合、

その先生からは基礎をみっちり習得しつつも、

様々な場所、出題者、問題傾向になれるため、

早い段階から、口述模試を受けられるとよいかもしれません。


たまーに、意地悪が目的のような聞き方する先生もいらっしゃいましたが、

それはそれで。

それに慣れておけば、本番の試験官が優しく感じるかもしれないし。 。。


にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ

関連記事

テーマ : 資格試験
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

タコ弁

Author:タコ弁
平成25年弁理士試験合格
平成26年弁理士登録
平成27年特定侵害訴訟代理業務試験合格
平成28年付記登録
平成31年4月2日から弁理士6年生!
平成29年3月20日付けで17年程勤務した特許事務所を退職。
その後、母親の面倒みながらゆっくりペースで開業準備。
平成29年5月25日、埼玉県川口市に事務所開設。
平成30年7月8日、東京都西東京市に【西東京オフィス】開設

勉強開始~弁理士登録まで、
そこから更に付記登録まで、
さらには独立にいたるまでや、
実務に関する覚書など、
タコのイラスト入りで綴ります。
元受験生の一サンプルです。
受験中は代々木塾にお世話になりました。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
にほんブログ村ランキング
忍者
人気ブログランキング