FC2ブログ

2014-07-21

新人研修(集合研修1回目)



7月中旬から新人研修が始まりました


登録前に受けることが必須である実務修習とは別物です。

この新人研修は、受けても受けなくも構いません。

e-ラーニングだけの受講(ちょっと安い)でもいいし、

集合研修と両方受けることもできます。

私は両方受講することにしました(自腹かっさばいてます)。


午前は、10:00~13:10までで、途中に10分の休憩があります。

第1回目の午前の研修は、

「発明者から発明のポイント等を引き出すためのヒアリング術」

最初の半分くらいが講義で、後半はグループワーキングでした。

課題があって、ヒアリングすべき内容を各グループで検討し、

結果をまとめてグループごとに発表します。

これは、自分で気づかない点も他の人が出してくれたりするので、

有意義だと思います。


午後は、14:00~17:10までで、途中に10分の休憩があります。

第1回目の午後の研修は、

「外国出願を考慮した明細書作成」

これも前半は講義で、後半はグループワーキングでした。


でも・・・テキストの後半部分(ここを聞きたかったのに・・・!)は、

各自読んでおくように、って感じで

後半は、課題について各グループごとに、

クレームを作成して発表するというものでした。


で、このクレームを作成するにあたり、

外国出願を考慮に入れる・・必要はあると思うのですが、

特にそういう指導はなく(当然の前提なのかもしれない)、

なんとなく皆でクレームつくって終わった・・・



実務修習でも思ったことなんですが、

グループワークが適している内容もあると思うんだけど、

クレームをグループで1個にまとめて発表するって、

私は苦手です


だって、


実務経験の有無、ある場合はその年数、

事務所に所属しているのか、企業に所属しているのか、

所属している企業や事務所での方針、

個人の癖、指導者の癖、

どのようなクライアント(又は事務所)を相手にしているか、

で、まったくクレームの作成手法って違うと思うんです。



そして、ある程度、年数をこなしている人が数人いると、

それぞれに趣がまったく異なったクレームができあがります。

これをまとめるって、あたしゃ、相当無理があると思います。


もちろん、他人が作成したクレームを見ることができるのは、

大変楽しみでもあり、勉強にもなります

ああ、そうか、って思うこともいっぱいあります。


なので、各自作成し、グループ内で回し読みし、

それぞれ疑問に思ったことを質問しあったりする、

ということは意義があると思うんです。

・・・だといいのになぁ・・・


shinjin kensyu 01 




にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : 日記というか、雑記というか…
ジャンル : 日記

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

タコ弁

Author:タコ弁
平成25年弁理士試験合格
平成26年弁理士登録
平成27年特定侵害訴訟代理業務試験合格
平成28年付記登録
平成31年4月2日から弁理士6年生!
平成29年3月20日付けで17年程勤務した特許事務所を退職。
その後、母親の面倒みながらゆっくりペースで開業準備。
平成29年5月25日、埼玉県川口市に事務所開設。
平成30年7月8日、東京都西東京市に【西東京オフィス】開設

勉強開始~弁理士登録まで、
そこから更に付記登録まで、
さらには独立にいたるまでや、
実務に関する覚書など、
タコのイラスト入りで綴ります。
元受験生の一サンプルです。
受験中は代々木塾にお世話になりました。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
にほんブログ村ランキング
忍者
人気ブログランキング