FC2ブログ

2016-04-10

短答に関する講座(2)~前年度答練~【1年目回想】


えー、今回は、以前の記事の続き(→以前の記事に飛びます)

ということで、

自分が短答に関して受講した講座@代々木塾、について



でも、今日の話に登場するのに相当するものは、

現在はなさそうなので、

まあ、こんなのもあったよ、ということで。


というか、短答が2回目の人は、

前年の答練受けてれば、その資料を使えばいいのかな。

(※法改正部分は要修正。自分で直すのも勉強になるよ※)


で、前の記事に書いたように、

論文講義基礎講座で特実法が終わり、

意匠法・商標法に入った頃(平成22年の夏頃かな)。


平成22年の短答試験の解説講座を受講し終えたので、

次はいよいよ自分で問題解かなければ!

ということで、何かいいものはないかと探し、

申し込んだのが、平成22年度の短答答練会の前年度割引、通信。


全12回で、1回30問です。制限時間は1.5時間。

本試験の半分の問題量です。

時期は平成22年10月~12月にかけて。

毎回出題範囲は決められています。

だから、予習しないと!

と意気込んだものの、結局予習はしなかった。


ええと、通信だったので、

毎週問題と答案用紙が送られてきました。

解説は翌週だったか、

添削(といっても〇×だけ)の返却のときだったか忘れましたが、

後から送られてきました。


ああ、困った。これを条文見ないで、1.5時間でやるの?

うーん。

トライしてみましょう!

・・・・・・・・

駄目ですね、規定の時間内はできませんでした。



で、ちょっと方針を変えました。

条文みながら、とにかく時間内で問題を解くことにしました。

いいんです、まだ練習だから。

年明けから始まる短答答練では絶対に法文集は見られないんだから。


でも、法文集を参照しながら解いてさえ、

かなりひどい点数でした。

4法はともかく、著作・不競・条約は、15点以下(※30点満点)がざらでした。

どうして法文集見てるのに、

間違ってるんだろうって、嫌になりましたね(;д;)


なので、答案が返却されたから、

解説をひたすらよみ、

条文と照らし合わせるという作業が続きました。

なんて地道な作業。

結局、予習ではなく復習がメインになりました。


・・・そしてやってきました、TRIPS協定の回!


問題も分からなければ、

解説読んでもわからない、

条文読んでも余計わからないっ!!

キャ━━━d(○`□´○)b━━━!! って感じ。



この頃は、まだ、TRIPS協定の講座を受講していなかったので、

分からないのは当然かもしれなかったのですが、

このときは、マジでヒステリーを起こしました。


「こんなのわかんねー!」みたいなことを、

ご近所迷惑にならないよう静かに泣き叫びながら、

テキストの解説の上を、

ボールペンのためし書のように、

ぐしゃぐしゃぐしゃーっと、

ぐるぐるぐるぐる力一杯書きました。


あまりの筆圧の高さに、

テキストの紙が3枚くらい、

切り抜きというか、打ち抜きというか、

そんな状態で、テキストから分離してしまいました。。。Σ(゚д゚|||)

まさか、切り抜いちゃうとは思わなくて、

それを見て呆然としました(※正気に返ったw)。


・・・・・やばい・・・・

・・・・・テキストにこんなことして、罰が当って落ちるかもしれない・・・



そして、ぐずぐず泣きながらセロテープで補修しました。

このときのテキスト、

自分への戒めとして、

口述合格までとっておきました。

(処分してしまったようで、画像でお見せできないのが残念・・・)


じゅくちょーが一生懸命作った資料なのに、ごめんなさい。。。

この後、、二度と資料を粗末に扱わないことを、

自らに誓いました。



さて、ここまでがタコの回想。


で、受験生としては・・・・

今もう4月だから、

来年(平成29年度)の短答から受験する人は、

4月~開講の来年用の講座でじっくり対策をするとして、

ここらへんかな。

  H29短答特化コース(通学・通信)平成29年度弁理士試験用

  平成28年6月スタート( ↑ 代々木塾HPに飛びます)

論文も込みで、ということなら、

  H29論文短答入門コース(通学・通信)平成29年度弁理士試験用

  平成28年4月スタート

とか。


今年短答受ける人で、直前に何か受講するなら

(必ずしも直前期の受講を強くすすめるものではないです)

(自分でできる人は、それでよいです。)

ここらへん、

  H28短答直前演習講座(通学・通信)全4回

  平成28年4月7日(木)スタート 全4回

とか、これ。

  H28短答直前対策講座(通学・通信)

  平成28年4月5日(火)スタート 毎週火曜日 全4回 


この「直前対策講座」に相当する(と思われる)講座は、

タコも昔受講しました、通信で。

当時は講座名ちがったけどね。

(※え~、思われる、というのは、

今年の教材を見ているわけではないので、

あくまでもタコの推測にすぎなからですね。)


次の【1年目回想】は、おそらく、

この直前対策講座に相当した当時の講座のこと、

になると思います。


講座の紹介は、文章ばかりですが、、、

1年目の受験当日(短答・論文)の回想は、

結構イラストが入る予定。

(ただ、更新がいつかはわからんですw)


まあ、1年目は受講講座が多かったので、

文字ばかりなのは仕方ない。

一応、記録として出しておかないと、

スッキリしないので。


あ、でも、直前期に限らず、

勉強の仕方は人それぞれです。

直前期は、一人で弱点補強につとめるもよし、

ゼミでじゅくちょーに喰らいつくもよし、

ですが、

受講したり、受験仲間と勉強することで、

勉強した気分になるだけなら、

一人で条文と過去問やるほうがいいと思います。

自分がどんなタイプかよく考えて、

自分のペースを確立して、

その状態を本試験までキープするのが大事。

もちろん、計画の見直しは柔軟に。。


願書さえ出していれば、今年の受験はできるのだから、

がんばりましょぉ。おーっ!!


☆1クリック頂けますと嬉しいです♪☆
にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ  
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : 資格試験
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

アラキジラーメン

23条は「官」「官」「長」

この枝見たときにゃ
「をぇ〜」って思ったわ( ̄◇ ̄;)

…間違い探しかよ


「特許庁長官又は審判長は、中断した審査、特許異議の申立てについての審理及び決定、審判又は再審の手続を受け継ぐべき者が受継を怠つたときは、申立てにより又は職権で、相当の期間を指定して、受継を命じなければならない。」

Re: アラキジラーメン

・・・・コメントの中身より、「行列のできるラーメン屋」に反応してしまった^^;

天狗大学

天狗大学

…天狗っちゃ、ビールやで。

Re: 天狗大学

・・・最近、少しビール飲めるようになったw
プロフィール

タコ弁

Author:タコ弁
平成25年弁理士試験合格
平成26年弁理士登録
平成27年特定侵害訴訟代理業務試験合格
平成28年付記登録
平成30年4月2日から弁理士5年生!
平成29年3月20日付けで17年程勤務した特許事務所を退職。
その後、母親の面倒みながらゆっくりペースで開業準備。
平成29年5月25日、埼玉県川口市に事務所開設。
平成30年7月8日、東京都西東京市に【西東京オフィス】開設

勉強開始~弁理士登録まで、
そこから更に付記登録まで、
さらには独立にいたるまでや、
実務に関する覚書など、
タコのイラスト入りで綴ります。
元受験生の一サンプルです。
受験中は代々木塾にお世話になりました。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
にほんブログ村ランキング
忍者
人気ブログランキング