FC2ブログ

2016-02-01

タコの成績開示 (。-_-。)


本日は、先週の月曜日(1月25日)に受け取ってきた、

弁理士試験及び付記試験の成績を開示します・・・・(。-_-。)

・・・以前、載せるって書いちゃったから仕方ない。。


いや、結構自分でも意外な結果だったりするわけで、

思うところがいっぱいあります。


まず、弁理士試験のほうは、

論文式試験の結果です。


選択科目は、素点なんだと思いますが、

必須科目については、素点ではなく調整後の得点かなぁ。

だって、この個人情報に記載されている「数字」

で合否が決まっているのだから、

調整後の得点と考えるのが妥当かな、と。


そして、現時点での論文式試験の採点基準は、

特許庁によれば、以下のようになっています。

コチラ(特許庁の掲載記事へ飛びます)


ついでに、付記試験の採点基準も

特許庁から引っ張ってこようと思ったけど、

・・・・・・・・(゚д゚)・・・・・・・・

あれ・・付記の合格基準って、

公表されていないんだっけ??

なんか探し出せないんだけど。。。


事例問題Ⅰと事例問題Ⅱの合計が60点以上で、

30点と30点でもいいし、

29点と31点でもいいし、

だけど、どちらかでも足きり点(25点?)以下があると、

アウト。と聞いたけど・・・。


現時点では、ゼミの先生や実際の合格者の方々

から聞いた情報と違う結果の人は知らないので、

合ってるとは思いますが、、、。

不確かですみません。

ちょっと、こちらは確認できるとこを見つけたら、

追記します。 


では、前置きが長くなりましたが、

こちらがタコの成績です。

弁理士試験及び付記試験の成績表

このランクは、「不合格通知」に書いてあったもので、

ランクAが54以上、

54未満から39以上までが3点きざみで、

ランクB~Eにわかれ、

そして、Fは39未満です・・・。


という前提で、みてみると。。


1年目。

特実は2問で100点、1問平均50。

意匠は、開始と同時に瞬殺されたので、

Fで当然なのですが、39をはるかに下回る36。イエイw

ついでにEの商標は、42。ははは^^;

民法57は印象とおり。


2年目。

特実1問平均にして59.5。大体予想通り。

だけど・・・

2年目は「意匠はほぼ完璧だぜ!」と思ったのに、

すれすれ54・・・!!

それに反して、足きりにかかるんじゃないかと思った

商標が57・・・・。

なんなの、この自分の印象と現実の差は。


思い込みって怖い。

これ、成績開示請求しなかったら、

自分はずっと意匠はほぼできた!!

と思ったまま過ごしたわけよ。ゾ~~っ!!

思い込みを正すために開示してもらってよかった。。。。。


そして、2年目の民法は「59」。

えぇ、そうですとも、1点差でその年は不合格ですよ。

いいですか、受験生のみなさん、

1点足りナイと落ちます(っω・`。)

ここに実例がいますから。

なので、貪欲に1点をとりにいってくださいね!


はい、お次、3年目。

必須は免除なので、科目変更して望んだ選択科目のみ。

著作権法、「86」!

これは、ちょっといいよね?

・・・いいよね・・? |ω・`)


ということで、無事弁理士試験は終わり、

次は、付記試験へ。


平成27年度特定侵害訴訟代理業務試験

事例問題Ⅰ 33点、

事例問題Ⅱ 35点、

合計68点。


事例Ⅰは、前の記事で触れた採点公表にもあったのですが、

規範とか全部書いたけど、正確さが足りなかったのか・・・

小問でやっちまったところが結構減点だったのか・・・

自分で思っている以上にあてはめがあまり良くなかったのか・・・

それほど点数は伸びなかったです。


事例Ⅱは、解答で書き忘れたところがあって、

大問のあと、小問を解答して、「以上」と書こうとしたときに、

急に大問の書き忘れを思い出して、

小問の後に、「大問の(6)の続き」

みたいに書き足したりしたわりには、

点をもらえたほうかな・・・。


ふぅ・・・


以上です。

((((( ̄□ ̄|||) ・・・・でわっ!!


☆~♪~参加中です~♪~☆
にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ  
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : 資格試験
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

今年合格した私も開示してみました。
「これはできたぜ!」と思った商標が52点(B)で、「全くだめだ..」と思った意匠で58(A)でした。
だめだと思った受験生ほど合格できる、といわれるのはこのような感触と実際の点数とのギャップにあるのかもしれませんね。

ちなみに平成28年度(今年の試験)から、論文の合否に関わらず得点が通知されるようですよ。
http://www.jpo.go.jp/torikumi/benrishi/benrishi2/benrisi_siken_faq.htm#anchor2q14

こんな点数だった

『平成23年度 特実117 意匠53 商標58』

タコさんの平成24年度と似たような点数配分ですね。

先達から聞いた噂通りという印象です。

-----

特実は皆の得意分野だ、差つかない。

合格レベルの人なら、皆できる。
ここで合否は決まらない。
頭ぬけようなんてユメ考えるな。
セイゼイ一通あたり1点程度の差だ。

特実一通目は、度肝を抜く出題。
喰われるな、二通まんべんなく書け。

実務処理能力を問われていると思え。
やるべきことを、確実にヤレ

意匠は得点源にはならない。
踏み抜かないことが肝心。
小穴で押さえろ、こらえろ。

できない?それがフツーだ。
できたと思っても、誰もできていない。
自分で思うほど点数はついていない。

勝負は商標!

意匠の小穴を埋めつつ、隣を引き離せ。

途中でめげるな!
4通、最後まで戦い抜け!!

と、教わったんですよ。

Re: No title

実務修習生さん、こんにちは。

コメントありがとうございます。
うーん、ギャップがあるものもあれば、手応え(というか予想とおり)というのあって、
なかなか難しいですね。
自分は、理解と勉強が足りていないものほど、予想と結果にギャップがあると思っています(自分の場合はです)。

> ちなみに平成28年度(今年の試験)から、論文の合否に関わらず得点が通知されるようですよ。
> http://www.jpo.go.jp/torikumi/benrishi/benrishi2/benrisi_siken_faq.htm#anchor2q14

これはいいですね!
成績開示請求の手間がいらないし。。
でも、あの独特の黒の塗りつぶしを見るのも楽しかったですがね・・・^^;

Re: こんな点数だった

イエローさんに「タコさん」とか言われると
びっくりしてしまうわな v-405

> 『平成23年度 特実117 意匠53 商標58』v-405

ほんとだ!そっくりさんだ!
開示してみると、ほかの人も成績教えてくれていいですね^0^

> 勝負は商標!
> 意匠の小穴を埋めつつ、隣を引き離せ。

えぇ~・・・この年、隣の席、知人様だったんだよね^^;
引き離せないよ。。

> と、教わったんですよ。

・・・なるほどw 誰に?

成績開示

>・・なるほどw 誰に? 
先達です~ 
『しおりには『金尺』が便利だ』とか、
『特実は3面60行を点数割して、それ以上書いちゃいかん』とか、
テクニック系を教えてくれた先達ですW

>成績開示請求の手間がいらないし。。
混むようになっちゃったからかもね。

数年前だと、知る人ぞ知る手続、だった様だけど、
広まっちゃったからね。

そうそう、以前、開示してもらったときと、請求用紙が変わったね。
『平成〇〇年度弁理士試験~』と書いてなかったんだ。

開示してもらいたい書類とブロードな枠があるだけで。

…すみません、ここに何をかけばいいんですか?
って、担当の方に聞きながらじゃないと埋めにくかった。
いちいち聞かれるから、埋めやすくしたんだろうね。

Re: 成績開示

> 『しおりには『金尺』が便利だ』とか、
> 『特実は3面60行を点数割して、それ以上書いちゃいかん』とか、
> テクニック系を教えてくれた先達ですW

ああ~、そういうことを教えてくれる人もいるんだね!

> >成績開示請求の手間がいらないし。。
> 混むようになっちゃったからかもね。

そうかもね。
でも、最初から教えて欲しいと思うから、いいよ、うん。

でも、私は最初で最後の成績開示請求っだったんだが、
受け取った紙のほとんどが真っ黒だった衝撃は、
結構おおきかったよw

クロム蒸着

>受け取った紙のほとんどが真っ黒だった衝撃は、

わかる〜w

どうやったら、こんなにマックロにできるんだ?と思ったよっw どんだけトナーを厚塗りさせるんだ。

マジックで塗りつぶしたぐらいじゃ、あゝはならないよ…

官公庁には、クロムでも蒸着したガラスでも、常備されているんかね…

という冗談になったさ。

Re: クロム蒸着

だよね~・・

私、過去の分全部いっぺんに請求したから、
どの紙が何年度のか理解するのに時間かかったわw
プロフィール

タコ弁

Author:タコ弁
平成25年弁理士試験合格
平成26年弁理士登録
平成27年特定侵害訴訟代理業務試験合格
平成28年付記登録
平成30年4月2日から弁理士5年生!
平成29年3月20日付けで17年程勤務した特許事務所を退職。
その後、母親の面倒みながらゆっくりペースで開業準備。
平成29年5月25日、埼玉県川口市に事務所開設。
平成30年7月8日、東京都西東京市に【西東京オフィス】開設

勉強開始~弁理士登録まで、
そこから更に付記登録まで、
さらには独立にいたるまでや、
実務に関する覚書など、
タコのイラスト入りで綴ります。
元受験生の一サンプルです。
受験中は代々木塾にお世話になりました。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
にほんブログ村ランキング
忍者
人気ブログランキング