FC2ブログ

2014-11-19

選択科目編もはじめようかと・・・


まだ1年目も2年目の回想もちっとも進んでいないのですが、

ある程度記憶が鮮明なうちに、

3年目の選択科目編も並行して掲載することにしました。


なんか、試験制度変わるかも?だし、

そうなると著作権法なくなっちゃうかも?だし・・・。

選択科目から著作権法がなくなったとしても、

私がそれを受験した事実は変わんないですけどね。

ちょっと(かなり)寂しいやね。


ということで、

今後は(も)、いくつかのカテゴリの記事が混在しますが、

カテゴリ内では、なるべく時系列に沿って記事のせますので。



というのは、代々木塾の講座に関しては、

本当に詳細に記録とってあるので、

あと一年くらいたっても、

記事載せるのに支障がないのですが、


著作権法に関しては、

講座はいっぱいとったんですけど、

何か訳がわからないうちに、

『突撃ーっ!!』て感じで勉強して駆け抜けてしまったので、

詳細な記録があんまりないんです。

引越しもしたし・・・(別宅A→別宅Bへ移動)。



論文合格後は、口述に突撃ー!で

著作権を振り返る余裕はなかったし。



最終合格してからは実務修習とか

引越し(別宅B→別宅Cへ移動)で、

これまた資料整理の時間がなかったし。



なので、受講した講座とかの紹介はしますが、

その内容というよりは、

それを受講していたころ、

自分はどの程度の出来だったかとか、

その頃の心情とか、

代々木塾の口述ゼミとの平行時期のめちゃくちゃさとか、

そういったことがメインになると思います。


つまり、勉強内容はあまり参考になりませんよ、ということで。


でも、短答で5問中4問は間違いなく間違える状態から、

一応、一年で著作権法で合格できた一例にはなると思いますので、

よろしかったら、選択科目編もごらんください。


選択科目でお世話になった先生には、

受験機関の名称と先生のお名前を出す許可は頂きました☆


sentakukamoku yokoku 

1年目の論文発表後

 →別宅Aで引き続き勉強

2年目の論文発表後(選択落ち)

 →別宅Aの隣室にトンデモかっぷるが越してきて

 夜な夜な眠れないので引越し

3年目の最終合格後

 →即行で別宅Cに引越し。


別宅Aと別宅Cの最寄駅X付近に、

タコが生まれた産院があります。

とことん、地元から離れられないタチです。



☆~♪~参加中です~♪~☆
にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ  
にほんブログ村  人気ブログランキングへ



関連記事

テーマ : 資格試験
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

著作

タコ弁さん、こんにちは。
必須四法の中だけでもややこしいのに。
ぜひ、秘訣をご披露ください。

 私は、
二次的著作物が利用発明に、
支分権と著作者人格権が専用権と禁止権に、
「公に」が「業として」に、
「権利の及ばない範囲」が、「制限規定」に、
重なって、重なって、 …
とても同じ週に考えたり答えたり
できませんでした。

 今みると、著作権法はとても考えて
言葉を選んでつくられているように
おもいます。

Re: 著作

T.Oさん、コメントありがとうございます!

秘訣ですか・・・。秘訣、うーん・・・・
とにかくH先生のいうことを信じてその通りにするだけです。
自分なりの解釈とか考えとか、私はあまり持たないほうなので
そのまま受け入れました。

あくまでも私の個人的な見解ですが、
必須4法と、著作権法は、試験の段階では、
リンクして考えないほうがいいと思います。

必須科目は、共通するところ、違うところなどを意識するのは有効ですけど、
それと著作権法に似ている(と思う)ところがあったとしても、
意識して切り離して考えたらどうでしょうか。

私は、必須と選択は全く別物と考えていたので、
混乱は生じなかったです。
(著作権法そのものの中ではいつも混乱していましたが)。
選択と口述が残った年は、選択科目が終わるまでは、
著作4、口述1くらいの割合で勉強していました。

H先生の解答例を写してみたことはありますか?
私は著作権法を選択科目として勉強して始めたとき、
最初にやったことは、先生の解答例を写すことからはじめました。

実務修習編について

いつも楽しく拝読しています。
来月から実務修習が始まるのですが、もしタコ弁さんに余裕があれば、実務修習編もよろしくお願いします(ただ、ご無理はなさらないでください)。
特許の課題は何とかなるかもしれませんが、意匠・商標の課題にどのように対処すればよいのか見当がつかないです。(^^;)


Re: 実務修習編について

口述合格生(H26)さん

コメントありがとうございます^^
実務修習編も考えているんですよー。
ついついイラスト載せようと欲張って進まないのが難点ですが。
あ、でもそうか、とりあえず、テキストだけ載せて、
イラストできたら「追加しました~」もありか!

で、話しがそれましたが。
実務修習、スケジュール管理さえしっかりすれば、
問題ないです。e-ラーニングはこまめに聞きましょう。
結構量があります。

あと、課題を出し終える頃に、集合研修が始まると思うので
その辺りがちょっと厳しいかな。。。
私はグループワーキングが多くて、それが苦手でした。

意匠・商標は心配いりません。
8割くらいの人が再提出になっていますが、
みんなちゃんと修了しています。

申し込みが完了すると、ドカンとテキストがきますが、
まずスケジュール確認して、課題に関するテキストは目を通しておきましょう。
私のときはピンクのテキストでしたけど、今年は色は違うかな?
その中に、こういう場合は、こういうフレーズを使った表現で反論して欲しいんだな、
って感じのヒントがありますので、それを探し出せれば大丈夫です。
自分の感性だけでやっちゃうと、再提出になってしまう可能性あります。

確か、一回目の課題提出が12月の半ばくらいでしたっけ・・・。

著作

 タコ弁さん、おはようございます。
愚問にご回答戴きありがとうございます。

まさに、「秘訣などない」が期待していた答えでした。
あったら大変、秘訣を探す旅に出るところでした。

秘訣とかコツとか「ある」というのは大抵、
「最後に取った手段」のことだと思います。

「捜し物は最後に探した場所で見つかる」
(マーフィーの法則 でしたっけ?)

恥ずかしながら、必須四法の青本の解説の用語が違うのは、担当筆者が違うからだと思っていました。

Re:Re: 実務修習編について

実務修習編も考えておられましたか。タコ弁さんのイラストは、描写が細かく且つ面白いので、楽しみにしてます。もしかして漫画家目指してたのでは?と思ったりして(^^)

またアドバイスありがとうございます。意匠・商標の課題については少し気持ちが楽になりました。
1回目の課題提出が12月半ば頃っていうのは、講師のチェック・添削期間を考慮してのものでしょうけど、厳しいですね。

Re: 著作

T.Oさん、コメントありがとうございます^^

いやー、うかつに「秘訣」とか書かなくてよかった^^;
ボロがでるところでした。

> 恥ずかしながら、必須四法の青本の解説の用語が違うのは、担当筆者が違うからだと思っていました。

それもあるかもしれませんね。
(私は、そこまで考えたこともありませんでした)。

でも、青本内で表現が違っていても、
それと著作権法はごっちゃにしないように、
意識してみてください。

多分、T.Oさんは、問題にストレートに答える訓練
(問われていること以外の雑念を排除する訓練)すれば、
大丈夫です、と思います。

Re: Re:Re: 実務修習編について

口述合格生(H26)さん、コメントありがとうございます^^

はい、お恥ずかしながら中学生くらいの頃は、漫画家なりたかったです。
でも、自分でお話作れないという致命的な問題があり、
漫画家は諦めましたが、弁理士引退する頃には、
小説の挿絵を描きたいとは今でも思っています。
(ちなみに、「タコ」のイラストは、本来の画風(?)とは全く違いますので・・・)

実務修習、1回目の課題は提出期限は厳しいですが、
課題量は、2回目以降の半分程度なので、
なんとか出しちゃってください!

あとは、2月に入って去年みたいな大雪降っちゃったときとか
結構大変なので、天気予報も要チェックですね。

Re: 著作

 タコ弁さん、こんにちは。
的を得たご指摘、ありがとうございます。

本当に、初歩的な用語の使い方を
知らず、誤って使っていました。

H先生は講義の初回や著書の冒頭で、試験の評価BやEは
その回限りの評価でしかないと言われますが、本当に
そう感じます。
ここ数年、著作権法の受験生のレベルが上がっているので、
自分は相対的に下がっているんだと。

必須科目でさんざん言われたことを、また、
選択科目でもやっていました。

間違った方を向いていたことに気付いた途端、
なんか、来年の答練が楽しみにも見えてきました。
その前にやることはいっぱいあるんですが。

Re: Re: 著作

T.Oさん、こんにちは。

コメントありがとうございます^^

答練、楽しみに思えてきたときいて、
安心しました。
短答のこともあるでしょうが、
短答対策はそのまま口述対策にもつながりますので、
著作とのバランスをよくみて勉強計画立ててくださいね。
では、また。

プロフィール

タコ弁

Author:タコ弁
平成25年弁理士試験合格
平成26年弁理士登録
平成27年特定侵害訴訟代理業務試験合格
平成28年付記登録
平成31年4月2日から弁理士6年生!
平成29年3月20日付けで17年程勤務した特許事務所を退職。
その後、母親の面倒みながらゆっくりペースで開業準備。
平成29年5月25日、埼玉県川口市に事務所開設。
平成30年7月8日、東京都西東京市に【西東京オフィス】開設

勉強開始~弁理士登録まで、
そこから更に付記登録まで、
さらには独立にいたるまでや、
実務に関する覚書など、
タコのイラスト入りで綴ります。
元受験生の一サンプルです。
受験中は代々木塾にお世話になりました。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
にほんブログ村ランキング
忍者
人気ブログランキング