FC2ブログ

2014-10-31

更新登録の申請(委任状)


このところ、ずっと試験に関する話が続いたので、

本日は、実務メモ。


新しい手続やるたびにメモって

ブログネタにしようと思っているのですが

たまる一方。。。

だって、何だか毎日のように色々くるんだよ。

大変よいことなんですが。



で、今回は。

商標権の存続期間の更新登録の申請で、

委任状がいるかどうかという話。


とりあへず、特許法9条を準用している

商標法77条2項を見ると・・・、

更新登録の申請については、読み替えないなぁ・・・。

じゃあ、いらないのかなぁ・・・と思って

提出書類のチェックをしていたら、

あら。区分の数を減じている。


なんか不利益行為っぽいような気がするんだけど、

本当に委任状要らないのかなぁ・・・。


心配になって他のところを調べてみる。


審判便覧23-09 代理権を証明する書面

2(1)委任状を必要とする手続

 (色々省略)

 
u.商標権の存続期間の更新登録の申請

商品及び役務の区分数を減じて申請する場合に限る。)

(商施規§22①)


だそうです。

基本的には委任状は不要。

だけど、区分数を減じて申請する場合は必要。


では、商施規§22①を確認してみましょう。

……うわっ。ちょう長っ!

1項だけで超長い。


商施規22条は、(特許法施行規則等の準用)となっています。

いったいこの長ーい条文のどこが該当するのでしょうか。

ああ…ここか?


特施規4条の3第1項を

「五 特許権の存続期間の延長登録の出願」とあるのは、

「五 商標権の存続期間の更新登録の申請

(商標権に係る商品及び役務の区分を

減じて申請する場合に限る。)」


と読み替える、という部分があります。


で、特施規4条の3第1項は何を規定しているかというと、


(代理権の証明)

第4条の3

 法定代理権、特許法第9条の規定による特別の授権又は

次に掲げる手続をする者の代理人の代理権は、

書面をもって証明しなければならない。

ただし、(以下略)

一~四 略

五 特許権の存続期間の延長登録の出願

(六以降も略)


こんなところに根拠がありました

(で、合ってるんだよね?)


ということで、委任状を頂くことになりました♪

(包括委任状は頂いていなかったため)

syou siki

一度見て欲しい、商施規§22①

嫌になることうけあい


☆引き続き宣伝中☆
→11/8(土) 暮らしと事業のよろず相談@浦和コルソ
→11/14(金) 知的財産セミナー2014@熊谷



☆~♪~参加中です~♪~☆
にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ  
にほんブログ村  人気ブログランキングへ



関連記事

テーマ : 学ぶ・知る・他
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

タコ弁

Author:タコ弁
平成25年弁理士試験合格
平成26年弁理士登録
平成27年特定侵害訴訟代理業務試験合格
平成28年付記登録
平成31年4月2日から弁理士6年生!
平成29年3月20日付けで17年程勤務した特許事務所を退職。
その後、母親の面倒みながらゆっくりペースで開業準備。
平成29年5月25日、埼玉県川口市に事務所開設。
平成30年7月8日、東京都西東京市に【西東京オフィス】開設

勉強開始~弁理士登録まで、
そこから更に付記登録まで、
さらには独立にいたるまでや、
実務に関する覚書など、
タコのイラスト入りで綴ります。
元受験生の一サンプルです。
受験中は代々木塾にお世話になりました。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
にほんブログ村ランキング
忍者
人気ブログランキング