2014-12-30

不責事由と正当な理由、どこにある?



平成23年の一部改正で「正当な理由」

による救済措置の拡充が図られました。

が、それでも不十分なのか、

平成26年の一部改正でも救済措置が増えました。


なので、「責めに帰することができない事由」と

「正当な理由」が、どこらへんに出てくるのか、

改正法の解説講義聞きながら、

特許法だけ書き出してみました。


【平成26年改正後の不責事由と正当理由】
huseki seitou 

(※H27.02.11追記※

コメントでご指摘がありましたので、

特許法43条の3第3項 「前二条の規定は~準用する」

も確認してください。)


ちょっと画像が小さくて文字見辛くてスミマセン。


今のところ、これらの救済措置のお世話になったことはないですが、

今後もそうであれるといいんですが・・・。

災害とか防ぎようがないですしね。。。



※~~後で修正すべきことがでてきましたら、

その時点で修正します~~※


☆~♪~参加中です~♪~☆
にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ  
にほんブログ村  人気ブログランキングへ



テーマ : 学ぶ・知る・他
ジャンル : ブログ

2014-12-28

平成25年度の実務修習~集合研修その壱~

えー、本日は、H25年度用の

実務修習の集合研修について。


12月中~1月中旬にかけては、

課題やE-ラーニングでそれなりに大変ですが、

集合研修が始まると、

それも、それなりに大変です。


まず、遅刻できない。。。

しないけど・・・・

でも昨年は大雪のときに遅刻して・・・・

開始時刻を20分遅らせてくれたおかげで、

10分遅刻扱いで、単位はとれました。

・・・・という大雪の思い出は、

後日描く予定です。

とにかく雪を蹴散らして会場へ疾走した記憶があります。

危ないね。


実務修習は、基本的に言われたままにやるしかなく、

自分の特色を出すような場所でもないので、

アドバイスも何もないと思いますので、

集合研修の流れだけちょっと。


会場についたら、受付で自分の名前をいいます。

このとき、事前に提出した課題について再提出があれば、

なにやら封筒が渡されるそうです。

で、席が決まっていますので、座席票で確認。

あ、実務修習一式のダンボールの中に入っていた

名札みたいなのを、ずっとぶら下げておきます。

※コメントでご指摘頂いたあと記憶をたどってみたのですが、

もしかしたら昨年も初日に会場で受け取ったかもしれません。

ご指摘ありがとうございます



指定された座席に行きます。

すでに来ている人に挨拶したりします。

そしてあとは研修が始まるのを待ちます。



私が受講した東京土曜コースの例では、

初回は、PMのみで、最初からグループの形に席がつくられていて、

そのまま講義を聞き、続けてグループワークに突入。

グループで課題をまとめて、誰かが発表。


2回目~5回目は、終日でしたけど、

AMとPMで科目が違ったりするときは、

AM前半、講義形式→ AM後半 グループ形式

PM前半、講義形式→ PM後半 グループ形式

という具合で、席を作り替えたりしていました。

荷物が行方不明にならないように注意。


h25 jitumusyusyu02


☆~♪~参加中です~♪~☆
にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ  
にほんブログ村  人気ブログランキングへ



テーマ : 資格試験
ジャンル : ブログ

2014-12-25

**写真追加**クリスマスはつみれ鍋

今夜は、クリスマスだけど、

洋物(?)とか無縁な感じで、イワシが美味しいというお店で、

つみれ鍋の予定。

なので、何が何でも18時に仕事を上がりたい

記事は、お昼に予約投稿にしておきます。


大学の研究室のときの同期2名+タコ一匹です。

3人くらいだと、お話ししやすくて

丁度よいです。


二人とも、年齢なりに確実にキャリアを積んでいるようで、

私も頑張らないとですねー・・・。


今週は、あと土曜日に、

総括的な大規模かつ丸秘な飲み会があります。


それが終わったらダイエットだダイエット。



【追記】

帰ってきましたので~

写真をアップ


【左:なめろう  右:天ぷら(まいたけ、さつまいも)】

iwashi01 mini 

この天ぷらの前に、いわしとあなごの天ぷらも食べました。

すごく美味しかった。


【つみれ鍋】見た目以上にいっぱい中身が入っていました♪

iwshi02 mini 


【雑炊】

iwasi03 mini 

満腹です・・・☆

ほかにも食べたいものがいっぱいあったので、

また行きたいです


☆~♪~参加中です~♪~☆
にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ  
にほんブログ村  人気ブログランキングへ



テーマ : 日記というか、雑記というか…
ジャンル : 日記

2014-12-23

帰ってきた酔っ払い


選択科目編に入れていいものか・・・

ちょっと悩むところですが。


本日昨日は、著作権法でお世話になった


IPC新橋ゼミの来年用の著作権法の講座をとっている方の

懇親会でした。


なんでタコが混じっているんだよ?って?

だってH先生が呼んでくれたんです。

受験生の方とお話しするの好きです。

合格者の方とお話しするのはもちろん楽しいのですが、

あの試験に立ち向かっていこうとしている人々と話しをするのが、

とても好きです。


今日、唯一の残念だったことは、

H先生とカラオケ行けなかったこと。

H先生は声もいいし、歌もすごくウマイのです。


・・・ということで、かなりAM1:00を回ってから最寄り駅につき、

そこから30分歌いました。

kaettekita yoopparai


☆~♪~参加中です~♪~☆
にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ  
にほんブログ村  人気ブログランキングへ



テーマ : 資格試験
ジャンル : ブログ

2014-12-19

今日だったのか・・・


今年(平成26年度)の付記試験、

合格発表、今日だったのか…

(※私は受験していませんよ、まだ能担うけてないし※)


なんか官報に掲載される日と間違って覚えていたようで、

発表は1月だと思っていました。

ちがうのね、今日(12月19日)なのね。


さて、お昼休みになるのももどかしく、

特許庁のHPをみましたら、

あったあった・・・・


お、合格者数多いじゃん。

みなさん、頑張ったんだ!

(こういうときは、簡単になったとか、受かりやすくなったではなく、

受験した方が頑張ったと考えるようにしています)。


でないと、自分を甘やかしてしまうからね

先輩の○先生はどうだったかな・・・

良い結果だったと信じています


※追記※

上記先輩ご本人から合格報告のメールを頂きました!

嬉しいものですね・・・。

夏の頃にヘロへろになりながらの猛勉強が効いたのですね!

是非とも日本酒ご一緒させてください

もう朝帰りくらいのつもりので飲みますか、いっそのこと。



☆~♪~参加中してます~♪~☆
にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ  
にほんブログ村  人気ブログランキングへ



テーマ : 資格試験
ジャンル : ブログ

2014-12-19

選択科目~民法編~


選択科目【民法編】


えー、民法は、1年目と2年目受験しましたが、

どちらもBで不合格でした。

が、一応やったことを書いておきます。


「落ちた科目はいいから著作権法やれよ~」

と思う方もいらっしゃるでしょうが、

まあ、そういわず。。



1年目(平成23年度)

某大手受験機関の民法の講座を通信で受講しました。

講義が全20回と演習が5回くらいの。

でも、演習の添削は結局1回も提出せずに終わりました。

それなりに時間もとって勉強したつもりだけど、

やっぱり1回も答案書かないで本番臨むなんて間違っていました。

ごめんなさい・・・・


2年目(平成24年度)

それでも民法が好きだったので、懲りずに民法を選択。

しかし、困ったことに、2年目は、

その年度用の民法の講座をやっているところがない・・・


ので、仕方なく、前年の資料を使いまわし、

今度はしっかりやったつもりでした。


あと、特許庁で公開している過去問と論点を調べ、

それに関連する問題を、司法試験用の問題集で探して、

読んだり書いたりしていました。


でも、法律論文の構成というものを理解できていなかったためか、

やっぱり撃沈 

2年目は受かると思ったんだけどなぁ・・・

でると思ったところが出たし。

甘かったようです。



3年目(平成25年度)

涙ながらに著作権法へ変更。

で無事合格。

新橋ゼミのH先生の厳しい指導が、

やぱりよかったようです。


著作権法の勉強をどうしていたかは、

今後、何回かに分けて書きます。

でも基本的にコツとかなく、

H先生にひたすらついていっただけ。

(↑それが結構大変といえば大変・・・



超、超苦手な著作権法への変更は怖かったです。

結局終わってみたあとは、苦手意識も少しは薄れ、

その手のニュースとかにも興味を示すようにはなりました。

結果オーライね。


でも、民法で合格できなかった悔しさは忘れない。

それを付記試験にぶつけるのだ!

senntaku minpou


☆~♪~参加中です~♪~☆
にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ  
にほんブログ村  人気ブログランキングへ



テーマ : 資格試験
ジャンル : ブログ

2014-12-16

分割出願できる時期


本日は、分割出願できる時期(の落とし穴?)。


特許出願を分割できる時期については、

特許法44条1項1号~3号に記載されています。

その大前提として、44条1項柱書により、

「もとの特許出願が特許庁に係属していること」

が必要です。


それはさておき、今日のお話は2号の

「特許をすべき旨の査定(カッコ内省略)の謄本の

送達があった日から30日以内にするとき」

です。


「特許をすべき旨の査定の謄本の送達があった日から30日以内」は、

特許権の設定の登録を受けるときに納付する

第1年~第3年分の特許料の納付期限でもあります。


ここでよく、受験時代、じゅくちょーが言っていたこと。

「いいですかっ!

特許をすべき旨の査定の謄本の送達

があった日から30日以内であっても、

第1年~第3年分の特許料を納付して

特許権の設定の登録がされたときには、

その出願はもう特許庁に係属していないんですから、

分割出願はできないんですよっ!!」


『そーなんだー』と思い聞いていました。


ちなみに、審査基準には、

「ただし、特許をすべき旨の査定の謄本の

送達があった日から30日以内であっても、

特許権の設定登録がなされた後は、

特許出願が特許庁に係属しなくなるため、

出願を分割することができない。」

と記載されています。


第Ⅴ部 特殊な出願

→第1章 出願の分割

→第1節 出願の分割の要件

→2.1.2 時期的要件

→(2)のただし書き。


ある案件について、特許査定の謄本の送達がされた後、

クライアントから分割出願の依頼と、

特許料の納付依頼の両方があったとしましょう。


特許料の納付依頼をした方と、

分割出願の依頼をした方が、

それぞれ別の部署に所属しているような場合、

分割出願を先にしなくちゃ、

とか先方からの指示がない場合があります。


ということは、依頼を受ける弊所で

きちんと管理しなければいけないですね。

そうしないと・・・・。


例えば、↓ こんな感じで慌てることになりかねません

※これは架空のお話です※

bunnkatu01.jpg 

そのうち、分割出願の代理権の証明のお話しに続きます。


☆1クリック頂けますと嬉しいです♪☆
にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ  
にほんブログ村  人気ブログランキングへ



テーマ : 資格試験
ジャンル : ブログ

2014-12-13

同姓同名


えー、同姓同名の人違い。

ちょっとびっくりしますよね。


先日、外国出願するために、

現地の事務所とメールでやりとりしていたときのこと。


スタッフが多い事務所なのか、

手続の各段階ごとに担当者のお名前が違っていたりします。

ふむふむ、そうなんだーと思いつつ、

その都度、適宜メールしていました。


そこは、日本人のスタッフも何名がいらっしゃるようで、

現地の方のお名前でメールがくるときもあれば、

日本人スタッフが漢字名でメールを下さるときもあります。



当然のことながら現地とは時差があるわけなので、

こちらの夜中とか早朝にメールが入ることが多いです。



ある晩、酔っぱらって帰ってきたときのこと、

一通のメールを受信しました。

送信者は、高校の同級生。

「あー、〇〇子さん、久しぶりだー」

と思ってメールを開きましたらば、

『・・・・・・・・譲渡証が登録されましたので、(以下略)』

はい?私、〇〇子さんに何か送ったっけ???

『受領確認の返信お願いします』

はい・・・・・・何のことだろう。


ここでようやく「件名」を見て、

仕事のメールだと思い至ったのですが、

この時点でもまだ、

その同級生が、現地の特許事務所に就職したのか!

と思っていました。

だって、頻繁に職を変える人だったし、

外国にも強かったからね・・・・。


正直、いまでも、本当に知り合いの彼女なのでは?

という疑念は晴れないのですが(←疑い深い)

年賀状がくれば分かるでしょう。。。


まったく同姓同名の人からメールがくると

顔が見えないだけに、驚いてしまいます。

douseidoumei.jpg 


☆~♪~参加中です~♪~☆
にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ  
にほんブログ村  人気ブログランキングへ



テーマ : 日記というか、雑記というか…
ジャンル : 日記

2014-12-12

お腹ピーした


一昨日の晩から今にいたるまで、

ずっとお腹がピーです。

つまり昨日は仕事に行けなかった。

ムリムリ、電車とか押されたら絶対無理


でも今日は行かねば・・・

今週は飲み会なかったのになぁ。

皆さんもお腹大事にね~



テーマ : 伝えたい事
ジャンル : ブログ

2014-12-09

2年目の論文試験の結果通知がきてから


さて、私にとっての2回目の論文試験(平成24年度)は、


みごと不合格に終わりました


そして、その結果通知を待っていました。



通知は、本宅(実家)に届くことになっていたので、


届いたら電話してちょーだいと家族に頼んでいました。



そして、9月○○日、電話がきました!



開封して読み上げてもらいました。

 

ごくり・・・


「特許実用新案法A」


(・・・え?・・・アレとかコレとか失敗したと思うのに・・・)



「意匠法A」


(うん、意匠はばっちりだったよ!)



・・・・・けど、このあたりで嫌な予感。


いくら商標法失敗したと思っても、


これは必須が不合格とは思いにくい・・・



そして。


「商標法A」


(マジかよー!)


・・・・・・・・


なんだって。



じゃあ、必須は免除じゃん。


(↑必須免除の喜びはなく、選択不合格がまだ腑に落ちない人)

 


「弁理士の業務に関する法律B」


・・・・・・・・・しーん。



Bってことは、55~59点なわけよね。


私は2年連続で5点で落ちたのか!


うーぎゃーあー!



でも、通知の現物みないとどうしても気がすまないので、


その日は急遽実家に戻り、通知をみました。


うん、読み上げてもらったとおりだった(涙)。

senntaku dokonisuru



じゃあ、この結果を塾長に伝えて、


電話相談してもらおう。


早速、次の休日だったかに予約を入れて


電話相談してもらいました。

 


塾長は、


「民法で受かるのは大変、著作権法のほうがいいと思う。


でも、Bまでとれてるならあと一年民法でもいいかもしれない。


選択科目については、信頼できる講師を見つけてそこで勉強しなさい。


口述試験に関しては、力になります。


来年は、選択科目に合格し、口述試験に合格し、最終合格しましょう。


合格してからも勉強することはありますよ。


付記試験も受けるでしょう?」



と、あくまでも淡々と励ましてくれました。


それがまたイイ。



ほかにも色々話をしてもらって、


すっかりやる気120%です。


付記を受けるでしょ、という問いにも、


なんの疑いもなく「ハイ!」と元気に返事しました。


(だって、本当に最初から受けるつもりだったんだもん・・・)

 


では、早速著作権法の講座を探しましょう。


10月頃から講座が始まるところとしては、


某大手とIPC新橋ゼミがありました。

 


以前にもどこかで書いたかもしれませんが、


このときの私の講座の選択基準は、



(1)最初に過去問の講座をやっていること


(過去問の模範解答なり、講師の解答例なりが入手できること)


(2)一人の先生が最後まで添削してくれること


が絶対条件でした。



(1)は、まったくゼロに近い状態から、


1年(厳密には論文発表から翌年の選択科目まで10ヶ月しかなし)で、


一発で合格レベルに達するためには、


どのくらいの答案を書けるようにならないといけないのか


最初に把握しておくため。


そして、著作権法の論文をどのように書くのか、


イメージを掴むため。

 


(2)は、人によると思いますが、


私は一人の先生についていくタイプで、


提出する答案ごとに、


違う先生が採点するというのは好まなかったからです。



たしかに、本試験では、


沢山の先生方が採点してくださるわけですが、


それと勉強段階では事情がことなると思うのです。

 


ほぼ初学に近い状態で、毎回添削してくれる人が違うと、


少しはできるようになっているのか、


まったく進歩していないのか、判断がつきにくいからです。

 


これらの点を勘案した結果、


アイピーシー新橋ゼミでは、


過去問講座を一番最初にやっていること、


一人の先生がとても丁寧に添削してくれること、


(合格者の感想をみていると、大変厳しい先生のようでしたが)


がわかりましたので、ここに申し込むことにしました。



色々と講座があり、


好きな講座だけ選んでの申し込みも可能なのですが、


私は、全部コミコミのトータルパックを速攻で申し込みました。


(※現在は私が受講した頃とパックの内容も違うかもです)



別にお金があったわけじゃないです。


むしろ金銭的にはかなり苦しかった。


引越しもしたからです。

 



いつか、別館あたりに載せるかもしれないけど、


別宅Aで長年空きだった隣の部屋に


大家さんの親戚という一人暮らし初めての男性が入り、


しばらくして女の人が入りびたり、


時間問わず、あれこれ色々とすさまじく煩い


大家さんに注意してもらっても、一向に変化なし。



ってことで、これじゃあ勉強以前に眠れないってことで、


急遽別宅Bに引っ越すことにしたんです。


引越し、お金かかるじゃん。

時間も体力もつかうじゃん。

 


苦手な著作権法に挑戦するというのに、


引越ししてる場合なのかと、


結構涙目になりながら、10月、11月はすごしました。


そして、11月中には住まいを整えて、


12月から本腰を入れて著作権の勉強を始めよう、


それに、12月からは代々木塾での口述ゼミも毎週あるし、


とにかくそれまでに、引越し完了しようと、かなり必死でした。

 


仕事して、勉強もしていると、


引越しの片づけがちっとも進まないのです。


それに週末は、本宅に戻って親の様子みないといけないし。


かなりしんどい時期でした。



ちなみに引越し先のBもかなり問題があって


(いいところもあったんですが)、


『最終合格したら、もとの駅に戻る!』


をほとんど毎日合言葉のようにして、


勉強してました。


まあ、現状から脱出したいという強い思いが、


合格に導いてくれたと思っています。

 


では、申し込んだトータルパックで


どのように勉強を進めたかは、


次回以降からということで



☆~♪~参加中です~♪~☆
にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ  
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

テーマ : 資格試験
ジャンル : ブログ

プロフィール

タコ弁

Author:タコ弁
平成25年弁理士試験合格
平成26年弁理士登録
平成27年特定侵害訴訟代理業務試験合格
平成28年付記登録
平成29年4月2日から弁理士4年生!
平成29年3月20日付けで17年程勤務した特許事務所を退職。
その後、母親の面倒みながらゆっくりペースで開業準備。
平成29年5月25日、埼玉県川口市に事務所開設。

勉強開始~弁理士登録まで、
そこから更に付記登録まで、
さらには独立にいたるまでや、
実務に関する覚書など、
タコのイラスト入りで綴ります。
元受験生の一サンプルです。
受験中は代々木塾にお世話になりました。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
にほんブログ村ランキング
忍者
人気ブログランキング