FC2ブログ

2014-09-24

口述資料29/33

本日は、第29回(商標法24条~33条)です。


※次回は34条からなので、

抜けている33条の2、33条の3は確認お願いします※


商標法は長いね~・・・

個人的に、一番勉強が大変だったのは商標法かな。

条文も青本も結構分量あるのに、

審査基準も見なければならないという・・・。


さてさて。


24条、商標権の分割

条文完全暗記。青本も重要


24条の2、商標権の移転。

これも条文暗記。

青本の解説は、

現行法で商標権の自由譲渡を認めた理由と、

移転制限の緩和の理由、

が、ごっちゃにならないように。

(私は初めて読んだときは何がなんだか分からなかった・・・)


24条の3、団体商標に係る商標権の移転

24条の4、商標権の移転に係る混同防止表示請求

この辺ややこしいけど、条文・青本ガンバレ。


25条、商標権の効力

今回の問題に入っていないような気がするけど、

条文は暗記。ついでに37条と67条もみよう。


26条、商標権の効力が及ばない範囲

1項1号~5号を覚えるのが大変。

そして、そのせいで(?)、うっかり2項の存在を忘れそう。

青本も要確認。


27条、登録商標等の範囲

条文暗記。


29条、他人の特許権等との関係

今回の問題に入ってないけど、条文は暗記。

利用はないので注意。

青本の説明よく読む。


30条、専用使用権

設定できない商標権とか、その理由とか確認。


31条、通常使用権。

条文暗記。4項は平成23年改正で新設。理由も確認。


31条の2、団体構成員等の権利

青本、4項の条文がおかしいので、

青本だけで条文もチェックしている人は注意。


32条、32条の2、先使用による商標の使用をする権利

条文暗記。要件・効果。

32条と32条の2の違いを意識して、

条文と青本を読む。


33条、無効審判の請求登録前の使用による商標の使用をする権利

わりとチェックが多かったので、

気が進まないながらも、暗記の方向で。


33条の2、33条の3、特許権等の存続期間満了後の商標の使用をする権利

は、今回にも次回にも問題がないので、

要件・効果とか要確認です。




では、以下のリンクからどうぞ。 


→※公開終了しました。ありがとうございました(H26.10.24)。



なお、このページから初めてご覧になっている方は、

ご面倒をおかけしますが、こちらの「お知らせ」の記事をご一読の上、

ご利用くださいませ


※この口述資料シリーズでは、 イラストはありませんので、あしからず...



☆1クリック頂けますと嬉しいです♪☆
 にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ 
にほんブログ村   人気ブログランキングへ



テーマ : 資格試験
ジャンル : ブログ

プロフィール

タコ弁

Author:タコ弁
平成25年弁理士試験合格
平成26年弁理士登録
平成27年特定侵害訴訟代理業務試験合格
平成28年付記登録
平成31年4月2日から弁理士6年生!
平成29年3月20日付けで17年程勤務した特許事務所を退職。
その後、母親の面倒みながらゆっくりペースで開業準備。
平成29年5月25日、埼玉県川口市に事務所開設。
平成30年7月8日、東京都西東京市に【西東京オフィス】開設

勉強開始~弁理士登録まで、
そこから更に付記登録まで、
さらには独立にいたるまでや、
実務に関する覚書など、
タコのイラスト入りで綴ります。
元受験生の一サンプルです。
受験中は代々木塾にお世話になりました。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
にほんブログ村ランキング
忍者
人気ブログランキング