FC2ブログ

2014-09-07

口述資料11/33



本日は、第11回(特許法100条~104条の3)です。


覚えることがテンコ盛りの部分です。

それから、以前に書きましたが、

この11回の資料だけPCのどこを探しても見当たらなかったので、

先日聞きなおして書き起こしました。

なので、ちょっと他の回と雰囲気違うと思います。

少し、ホントの質疑応答の雰囲気入れました。


それから、これまでの資料の誤記に気づきました。

条文に即して」× →「条文に則して」○

だと思いますので、お手元にある資料を読むときは、

正しい字に変換しながら読んでください^^


あと、この口述シリーズ読み返していて思ったこと。

裁判例が少ない。

条文と青本から出すのが前提のゼミだったと思うので、

当然といえば当然かもしれませんが、

裁判例も主だったもの(論文試験でチェックしていたもの)は、

見直しておいたほうがいいと思います。


さて、100条、差止請求権。1項、2項全文暗記。

青本の「字句の解釈」の部分もチェック。


101条(侵害とみなす行為)

「何についての規定か?」と問われたら、

まずは「侵害とみなす行為」です。

「間接侵害」だと眉をひそめる試験官もいるかもしれません。

1号~3号までが「物の発明」、

4号と5号が「方法の発明」

6号が「物を生産する方法の発明」

ということを意識して読むと覚えやすいかもです

101条は青本の内容もいっぱいあるので大変だと思いますが。

でも、101条あたりは得意な人も結構いそう。。。

私は苦手でしたけど。


102条、損害の額の推定等。

私はここはスキでした。条文暗記も頑張った。もう出ないけど。

そして、ここから口述試験でたので、助かった。。。

青本の記載も結構ありますね。


103条、104条、104条の2は、

条文が短いので、頑張る。


104条の3、特許権者等の権利行使の制限

ここは論文でもよく出るところだから、

得意な人も多いんじゃないでしょうか?

ということは、せめて1項だけでも完全暗記。ガンバロー。

平成23年改正で「延長登録無効審判により無効にされるべきものと認められるとき」

が追加された理由は青本の記載では足りないので、

改正法解説書をあたってください。




では、以下のリンクからどうぞ。 

→※公開終了しました。ありがとうございました(H26.10.24)。

 


なお、このページから初めてご覧になっている方は、

ご面倒をおかけしますが、こちらの「お知らせ」の記事をご一読の上、

ご利用くださいませ


※この口述資料シリーズでは、 イラストはありませんので、あしからず...

なのですが、今回はちょっとおまけ。

koujyutu sisyo 11 

      ↑ つらの皮が厚くなっているだけだったら、どうしよう・・・

※誤記訂正※
イラストの上のほう「資疑応答」ってなってるけど、
「質疑応答」〇です。寝ながら書くとダメねorz...


☆1クリック頂けますと嬉しいです♪☆
 にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ  
にほんブログ村   人気ブログランキングへ



テーマ : 資格試験
ジャンル : ブログ

プロフィール

タコ弁

Author:タコ弁
平成25年弁理士試験合格
平成26年弁理士登録
平成27年特定侵害訴訟代理業務試験合格
平成28年付記登録
平成31年4月2日から弁理士6年生!
平成29年3月20日付けで17年程勤務した特許事務所を退職。
その後、母親の面倒みながらゆっくりペースで開業準備。
平成29年5月25日、埼玉県川口市に事務所開設。
平成30年7月8日、東京都西東京市に【西東京オフィス】開設

勉強開始~弁理士登録まで、
そこから更に付記登録まで、
さらには独立にいたるまでや、
実務に関する覚書など、
タコのイラスト入りで綴ります。
元受験生の一サンプルです。
受験中は代々木塾にお世話になりました。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
にほんブログ村ランキング
忍者
人気ブログランキング