FC2ブログ

2014-07-14

論文講義基礎講座【1年目回想】


私が
代々木で初めて受講した記念すべき講座です


平成22年4月~12月まで、

毎週土曜日の午前中、通学で受講しました。

8月に2回お休みがありましたが、それ以外は全部出席しました


全35回
のうち、大体前半が特許法と実用新案法です。

後半が意匠と商標です。

全くの初学者向きの講座ですが、

青本の内容も、関連する裁判例も、審査基準も盛り込まれています。


しかし、初学者向きとはいえ、決して易しくはないです。。。

(大事なものがいっぱい詰まってます)


私は、正直言って1回目は、ホントに全然わかりませんでした


何度も復習し、

2度目、3度目、4度目、5度目・・・になるほど、理解がすすみます。

特実法はともかく、意匠・商標は全くの未知の世界(※当時)・・・☆

講義の範囲は事前に決まっていましたが、

予習とかもう無理、全然ムリ

その代わり復習に全てを注ぎました。



講義の録音が許可されていましたので、

帰宅してからすぐに聞き直します

次の日も聞き直します。すぐ聞かないと忘れちゃうから。

その次の日も聞き直します。

そんで、次の週の金曜日にも聞き直します


更に講義が進んでから、また聞き直します


例えば、特実法が終わり、意匠法に入った頃から、

意匠法の講義と過去の特実法の講義を平行して聞きます。

そうしないと、忘れちゃうから。


夏休みには、前半分をまとめて聞き直します


冬休みには、後半分をまとめて聞き直しました


とにかくしつこく聞きました


短答用の講座を受講しなかったので、

論文のテキストに書いてある部分は、

全て生かそうという算段です。


ただ、この講座は、一応論文用の講座ですので、

特実・意・商であっても、短答でしか問われないような問題

(特7条とか、罰則とか、そういう細かい問題)については、

解説されていませんでした。


なので、そういう部分については過去問をとき、

対応する条文を確認するという対策をとりました。


短答の対策としては
問題集の解答の確認だけで終わらせず

問題で直接問われた条文、

その条文で準用されている条文、

その条文に関連する条文


文集で確認するのが大事だと思います。



この講義のあと、午後には演習講座があって、

ほとんどの人は続けて受講していたのですが、

私は家に帰り、バタンキュー。

脳みそのキャパを完全にオーバーしていました。

『うーん、午後も受けている人たち、すごい。私、絶対おくれてるよ、まずいよ』

と毎度思いましたが、頭の疲れに対抗できず、爆睡。

翌日の日曜日まで寝ていることも度々でした。

 
o-ba-hi-to.jpg

自分の脳みそは、よっぽど弱いんじゃないかと悲しくなりましたが、

寝てしまうものは仕方ないので、

最後は開き直って寝ていました


それでも、4月から始まり、秋になる頃には、

爆睡から熟睡 くらいまでで済むようになりました。

この頃には意匠法に突入していたので、

別の意味で倒れたくなりましたが。


この講座のテキストは、

2年目の論文試験対策としても随分使い、

ホントお世話になりました。



★自分で講義を録音すると、どうしても雑音が入って聞きにくいので、

できれば、有料でも音声データをもらったほうが聞きやすいです。

というか、通学の人には、講義の音声データ無料でくれたらいいな、と思いました★

 

 

 



にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ
にほんブログ村

テーマ : 資格試験
ジャンル : ブログ

プロフィール

タコ弁

Author:タコ弁
平成25年弁理士試験合格
平成26年弁理士登録
平成27年特定侵害訴訟代理業務試験合格
平成28年付記登録
平成31年4月2日から弁理士6年生!
平成29年3月20日付けで17年程勤務した特許事務所を退職。
その後、母親の面倒みながらゆっくりペースで開業準備。
平成29年5月25日、埼玉県川口市に事務所開設。
平成30年7月8日、東京都西東京市に【西東京オフィス】開設

勉強開始~弁理士登録まで、
そこから更に付記登録まで、
さらには独立にいたるまでや、
実務に関する覚書など、
タコのイラスト入りで綴ります。
元受験生の一サンプルです。
受験中は代々木塾にお世話になりました。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
にほんブログ村ランキング
忍者
人気ブログランキング