2015-08-04

選択科目(民法)の講座



来年から、法律系の選択科目は民法一択ということで、

お困りの受験生が多いのでは。。。と思います。

タコが受験したときは、1年目はどこかで講座があったけど、

2年目はたしかなくて、独学・・・。

結局、3年目は著作権法に変更したわけですが、

その著作権法も、もう・・・うっ・・・うっ・・・。


で、私が著作権法を教わったところの先生が、

2016年用の民法の講座が開講されるようなので、

(勝手に)ガイダンスの宣伝です。

8月6日(木)19:00~(詳しくはリンク先でご確認ください)


でも、今年選択科目を受けた方は、

解答用紙が半分も埋まらなかっというような場合を除き、

まずは、口述の対策ですよ!


来年から選択科目チャレンジと言う方は、

早め早めに対策をしてくださいね^^


また、今年の論文試験の発表後に、

同じような紹介の記事を掲載する予定です。


☆~♪~参加中です~♪~☆
にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ  
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

テーマ : 資格試験
ジャンル : ブログ

2015-07-19

H25年の選択科目(著作権法)~(2)~



選択科目の試験日まで、

あと一週間となりました。

受験予定のみなさま、猛暑の中、頑張っていると思います。

本当にお疲れ様です。

でも、誰のためでもない、自分のためです。

あと、ちょっと頑張ってください^^


私の昨日一日の行動は、

別館に載せましたので、

ご興味あるか方は、こちらからどうぞ(→別館に移動します)。


さて、何の参考にもなりませんが、

平成25年に私が受験したときの

答案構成用紙をアップしてみます。

・・・なんでこんなもん載せるかというと、

ある飲み会で、知人様が、

(選択科目同じ部屋で受けたのですが、

私の斜め後方(結構うしろ)に座ってまして、)

そのとき、私が赤やら青やらで構成用紙に書き込んでいた、

というような話しをしてまして、

そんなカラフルにしたかしら?

と思って探し出してみたわけです。

うん、青は使ってないけど、私にしてはカラフルにしたほうかも。

(必須科目のときは、ミミズが這ったような殴り書き、黒一色だし)


全景・・・・

H25 sentaku kousei01 

多分、黒で一旦どばーっと全体書いてから、

・見直しの段階で確定したところ、

・順番を入れ替えるところ、

・見出しの番号の振りかたなんかを、

赤で書いたと思います。


ちなみに上半分・・・

H25 sentaku kousei02 

右上の方に、時間が書いてあります。

答案構成には30分。最大で40分と決めていました。

仮に40分使ったとすると、残り50分で4枚書く、

1枚、12分30秒の割り当てですね。


そして、実際に1枚目を10:37~書き始めた

ということがメモラレテおります。

そうすると、次の2ページ目には、

10:50頃には移らなくてはいけない、

そんなことが右上辺りに書かれています。

まあ、予定通りにはなかなかいかないんですが。


ついでに、下半分。

H25 sentaku kousei03

何がなにやら・・・・

後になってみるとさっぱりわけわからんですね。

右下のほうの、計算式も気になるし。

多分、これ、残りの時間で仕上げるためペース

を計算したものだと思いますが、

今となって真偽不明。


答案構成の仕方は人それぞれで、

先生が教えてくれる模範的な答案構成の仕方というのもありましょうが、

私は、答案構成だけは、自己流で通してしまいました。

(直すと多分、時間かかって受からないと思ったw)


選択科目直前になりましたら、

(昨年の使いまわしですが)応援画像アップする予定です。

この三連休、有効に使ってくださいね。

もちろん、選択科目がない方も、

口述対策なり、来年の対策なりに有効に使いましょう。

タコもがんばりますゆえ。


☆~♪~参加中です~♪~☆
にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ  
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

テーマ : 資格試験
ジャンル : ブログ

2015-07-11

H25年の選択科目(著作権法)~(1)~


本日は、私が選択科目(著作権法)を受験した日のことを。

というか、受験問題の冊子と、答案構成について。

・・・といっても、役に立つことは何もないです。

でも、論文必須が終わって、選択科目がない方は、

うまくいけば、もう一生、そうでなくてもあと一年は、

論文試験の問題冊子なんて見ることないですよね。


でも、選択科目がある方は、あと二週間後に、

あの独特の表紙がついた問題をみなければなりません。

ということで、ここでちょっと慣れておきましょう。。。

H25 sentaku01

たいてい、「始め!」の合図とともに、

冊子から答案構成用紙をつくるために、

バリバリやビリビリの音がするのですが、

私はそういう音が(自分が立てるのも)苦手だったので

ホチキスの針の足を立てて、

3枚の紙を抜いて、

一枚だけになった表紙の裏に起こしたホチキスの針を、

そっと元に戻します。

針抜いて捨てるとかはダメよ。

この作業がね~、結構、冷静になれるのです。

これをやってる間に、周囲のビリビリバリバリも一段落します。

あ、その前にかみさまにお祈り(心の中で)も忘れずに。



そこから、おもむろに問題を見ます。

マーキングの仕方は人それぞれでしょうが、

タコはこんな感じでした。

H25 sentaku02 

各設問ごとに、

誰の行為が、誰の権利を侵害するか、のところは、

左側に赤ペンで書いておきます。

著作権を、なら支分権のみ検討でいいかもだけど、

「著作権法上の権利」となると、人格権も検討を忘れずに。

なので、そこらへんは黄色でマーク。


あとは、問題を読みながら、浮かんだ条文番号とかを

ちょこちょこ書いておきます。

そして、解答に行く着くのに2パターンがあるかな、と思ったときは、

頭の中で両方のパターンでいったときの解答を想像し、

出題者としては、どっちで書いて欲しいのかな、というあたりを

3分くらいで考えます。

ここまでやってから、構成用紙に流れを書いてみます。



→実際の構成用紙は次回アップします。

他人の構成用紙なんて、あんまり見る機会ないんじゃないですかね。

・・・でも、自分が読めればいいというレベルの殴り書きなので、

判別は困難だと思います^^;



☆~♪~参加中です~♪~☆
にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ  
にほんブログ村  人気ブログランキングへ



テーマ : 資格試験
ジャンル : ブログ

2015-01-14

著作権法の講座の申し込み


本日は、私が新橋ゼミで申し込んだ

著作権法の講座(H25年度用)についてご紹介。

0からのスタートということで、

トータルパックというのを申し込みました。


私の手帳の記録をもとに書きますので、

実際の講座名とちょっと違ってたりするかもしれません。


また、最新の講座内容は、新橋ゼミのHPで確認してください。

私が受講したときとパックの内容も変わっていると思います。

tyosaku to-tal 


では、いきます。いっぱいありますよー。

(以下のアルファベットは、私が手帳に付けるときに使っていた印であり、

何の意味もありません。

また、時期は、私が実際に取り掛かった時期で、

講座の開講時期と厳密には一致していません)



あ、ちなみに、基本的に直前の答練までは、通信で受講しました。

代々木塾の口述ゼミに毎週金曜日通っていたので、

さらにもう一日都心に通うことは無理でしたので。

それに、週一で青本ゼミも受講していたの(これも代々木塾の通信)。


それと、最初のうちは、インプットの講座はよいとしても、

アウトプットの講座で何もかけずに終わるのが目に見えていたので、

引きこもって勉強してました。



A:過去問徹底解説講座(平成24年10月中、週一で全4回)


B:要点整理講座(平成24年11月初め~平成24年3月初め  週一で全16回)

  インプットメインの講座です。


C:演習講座(平成24年11月末~平成25年3月初めころ  月一で全4回)

  Bのインプットと平行しつつ、アウトプットも始まります。

  月一というところが絶妙。


D:答案構成講座(平成25年3月中旬~4月末 隔週で全4回)


E:論文ゼミ(平成25年3月末~5月上旬 隔週で全4回)

  DとEを交互にやることになります。


F:制限規定強化答練(トータルパックに入っていたかどうかちょっと不明)

(平成25年3月初め~ (答案を提出すると次回が送られてくるという感じで)

7月初めまで 全5回)


ここまでが全て通信。


そして、いよいよ通学で受けるときがやって参りましたぁ!


G:答練(平成25年5/16、5/30、6/13、6/27 隔週で全4回)

H:直前模試(平成25年7/4 全1回)

Ⅰ:直前総整理講座(トータルパックには含まれていません) 

(平成25年7月20日)これは通信で受講



その約1週間後の7月28日、論文試験選択科目の日でした。



私は、平成25年度は、選択科目と口述が残っていたので、

著作権法にもかなり注力できましたが、

短答や論文必須も受ける必要がある方は、

必ずしもトータルパックを受けることがいいとは思いません。

先生に相談しながら、受講講座を決めてくださいね。


個人的に受けた方がよいと思うのは、

過去問講座、

要点整理講座、

(余裕があれば答練の前にゼミとかアウトプット系のもの)、

答練、

直前模試、

ですね。


☆~♪~参加中です~♪~☆
にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ  
にほんブログ村  人気ブログランキングへ



テーマ : 資格試験
ジャンル : ブログ

2014-12-23

帰ってきた酔っ払い


選択科目編に入れていいものか・・・

ちょっと悩むところですが。


本日昨日は、著作権法でお世話になった


IPC新橋ゼミの来年用の著作権法の講座をとっている方の

懇親会でした。


なんでタコが混じっているんだよ?って?

だってH先生が呼んでくれたんです。

受験生の方とお話しするの好きです。

合格者の方とお話しするのはもちろん楽しいのですが、

あの試験に立ち向かっていこうとしている人々と話しをするのが、

とても好きです。


今日、唯一の残念だったことは、

H先生とカラオケ行けなかったこと。

H先生は声もいいし、歌もすごくウマイのです。


・・・ということで、かなりAM1:00を回ってから最寄り駅につき、

そこから30分歌いました。

kaettekita yoopparai


☆~♪~参加中です~♪~☆
にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ  
にほんブログ村  人気ブログランキングへ



テーマ : 資格試験
ジャンル : ブログ

2014-12-19

選択科目~民法編~


選択科目【民法編】


えー、民法は、1年目と2年目受験しましたが、

どちらもBで不合格でした。

が、一応やったことを書いておきます。


「落ちた科目はいいから著作権法やれよ~」

と思う方もいらっしゃるでしょうが、

まあ、そういわず。。



1年目(平成23年度)

某大手受験機関の民法の講座を通信で受講しました。

講義が全20回と演習が5回くらいの。

でも、演習の添削は結局1回も提出せずに終わりました。

それなりに時間もとって勉強したつもりだけど、

やっぱり1回も答案書かないで本番臨むなんて間違っていました。

ごめんなさい・・・・


2年目(平成24年度)

それでも民法が好きだったので、懲りずに民法を選択。

しかし、困ったことに、2年目は、

その年度用の民法の講座をやっているところがない・・・


ので、仕方なく、前年の資料を使いまわし、

今度はしっかりやったつもりでした。


あと、特許庁で公開している過去問と論点を調べ、

それに関連する問題を、司法試験用の問題集で探して、

読んだり書いたりしていました。


でも、法律論文の構成というものを理解できていなかったためか、

やっぱり撃沈 

2年目は受かると思ったんだけどなぁ・・・

でると思ったところが出たし。

甘かったようです。



3年目(平成25年度)

涙ながらに著作権法へ変更。

で無事合格。

新橋ゼミのH先生の厳しい指導が、

やぱりよかったようです。


著作権法の勉強をどうしていたかは、

今後、何回かに分けて書きます。

でも基本的にコツとかなく、

H先生にひたすらついていっただけ。

(↑それが結構大変といえば大変・・・



超、超苦手な著作権法への変更は怖かったです。

結局終わってみたあとは、苦手意識も少しは薄れ、

その手のニュースとかにも興味を示すようにはなりました。

結果オーライね。


でも、民法で合格できなかった悔しさは忘れない。

それを付記試験にぶつけるのだ!

senntaku minpou


☆~♪~参加中です~♪~☆
にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ  
にほんブログ村  人気ブログランキングへ



テーマ : 資格試験
ジャンル : ブログ

2014-12-09

2年目の論文試験の結果通知がきてから


さて、私にとっての2回目の論文試験(平成24年度)は、


みごと不合格に終わりました


そして、その結果通知を待っていました。



通知は、本宅(実家)に届くことになっていたので、


届いたら電話してちょーだいと家族に頼んでいました。



そして、9月○○日、電話がきました!



開封して読み上げてもらいました。

 

ごくり・・・


「特許実用新案法A」


(・・・え?・・・アレとかコレとか失敗したと思うのに・・・)



「意匠法A」


(うん、意匠はばっちりだったよ!)



・・・・・けど、このあたりで嫌な予感。


いくら商標法失敗したと思っても、


これは必須が不合格とは思いにくい・・・



そして。


「商標法A」


(マジかよー!)


・・・・・・・・


なんだって。



じゃあ、必須は免除じゃん。


(↑必須免除の喜びはなく、選択不合格がまだ腑に落ちない人)

 


「弁理士の業務に関する法律B」


・・・・・・・・・しーん。



Bってことは、55~59点なわけよね。


私は2年連続で5点で落ちたのか!


うーぎゃーあー!



でも、通知の現物みないとどうしても気がすまないので、


その日は急遽実家に戻り、通知をみました。


うん、読み上げてもらったとおりだった(涙)。

senntaku dokonisuru



じゃあ、この結果を塾長に伝えて、


電話相談してもらおう。


早速、次の休日だったかに予約を入れて


電話相談してもらいました。

 


塾長は、


「民法で受かるのは大変、著作権法のほうがいいと思う。


でも、Bまでとれてるならあと一年民法でもいいかもしれない。


選択科目については、信頼できる講師を見つけてそこで勉強しなさい。


口述試験に関しては、力になります。


来年は、選択科目に合格し、口述試験に合格し、最終合格しましょう。


合格してからも勉強することはありますよ。


付記試験も受けるでしょう?」



と、あくまでも淡々と励ましてくれました。


それがまたイイ。



ほかにも色々話をしてもらって、


すっかりやる気120%です。


付記を受けるでしょ、という問いにも、


なんの疑いもなく「ハイ!」と元気に返事しました。


(だって、本当に最初から受けるつもりだったんだもん・・・)

 


では、早速著作権法の講座を探しましょう。


10月頃から講座が始まるところとしては、


某大手とIPC新橋ゼミがありました。

 


以前にもどこかで書いたかもしれませんが、


このときの私の講座の選択基準は、



(1)最初に過去問の講座をやっていること


(過去問の模範解答なり、講師の解答例なりが入手できること)


(2)一人の先生が最後まで添削してくれること


が絶対条件でした。



(1)は、まったくゼロに近い状態から、


1年(厳密には論文発表から翌年の選択科目まで10ヶ月しかなし)で、


一発で合格レベルに達するためには、


どのくらいの答案を書けるようにならないといけないのか


最初に把握しておくため。


そして、著作権法の論文をどのように書くのか、


イメージを掴むため。

 


(2)は、人によると思いますが、


私は一人の先生についていくタイプで、


提出する答案ごとに、


違う先生が採点するというのは好まなかったからです。



たしかに、本試験では、


沢山の先生方が採点してくださるわけですが、


それと勉強段階では事情がことなると思うのです。

 


ほぼ初学に近い状態で、毎回添削してくれる人が違うと、


少しはできるようになっているのか、


まったく進歩していないのか、判断がつきにくいからです。

 


これらの点を勘案した結果、


アイピーシー新橋ゼミでは、


過去問講座を一番最初にやっていること、


一人の先生がとても丁寧に添削してくれること、


(合格者の感想をみていると、大変厳しい先生のようでしたが)


がわかりましたので、ここに申し込むことにしました。



色々と講座があり、


好きな講座だけ選んでの申し込みも可能なのですが、


私は、全部コミコミのトータルパックを速攻で申し込みました。


(※現在は私が受講した頃とパックの内容も違うかもです)



別にお金があったわけじゃないです。


むしろ金銭的にはかなり苦しかった。


引越しもしたからです。

 



いつか、別館あたりに載せるかもしれないけど、


別宅Aで長年空きだった隣の部屋に


大家さんの親戚という一人暮らし初めての男性が入り、


しばらくして女の人が入りびたり、


時間問わず、あれこれ色々とすさまじく煩い


大家さんに注意してもらっても、一向に変化なし。



ってことで、これじゃあ勉強以前に眠れないってことで、


急遽別宅Bに引っ越すことにしたんです。


引越し、お金かかるじゃん。

時間も体力もつかうじゃん。

 


苦手な著作権法に挑戦するというのに、


引越ししてる場合なのかと、


結構涙目になりながら、10月、11月はすごしました。


そして、11月中には住まいを整えて、


12月から本腰を入れて著作権の勉強を始めよう、


それに、12月からは代々木塾での口述ゼミも毎週あるし、


とにかくそれまでに、引越し完了しようと、かなり必死でした。

 


仕事して、勉強もしていると、


引越しの片づけがちっとも進まないのです。


それに週末は、本宅に戻って親の様子みないといけないし。


かなりしんどい時期でした。



ちなみに引越し先のBもかなり問題があって


(いいところもあったんですが)、


『最終合格したら、もとの駅に戻る!』


をほとんど毎日合言葉のようにして、


勉強してました。


まあ、現状から脱出したいという強い思いが、


合格に導いてくれたと思っています。

 


では、申し込んだトータルパックで


どのように勉強を進めたかは、


次回以降からということで



☆~♪~参加中です~♪~☆
にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ  
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

テーマ : 資格試験
ジャンル : ブログ

プロフィール

タコ弁

Author:タコ弁
平成25年弁理士試験合格
平成26年弁理士登録
平成27年特定侵害訴訟代理業務試験合格
平成28年付記登録
平成29年4月2日から弁理士4年生!
平成29年3月20日付けで17年程勤務した特許事務所を退職。
その後、母親の面倒みながらゆっくりペースで開業準備。
平成29年5月25日、埼玉県川口市に事務所開設。

勉強開始~弁理士登録まで、
そこから更に付記登録まで、
さらには独立にいたるまでや、
実務に関する覚書など、
タコのイラスト入りで綴ります。
元受験生の一サンプルです。
受験中は代々木塾にお世話になりました。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
にほんブログ村ランキング
忍者
人気ブログランキング